CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< お正月 | main | 日曜日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ワークショップと息子の様子
朝のお着替えタイム

昨日買いに行った100cmのパンツがゆるいと(息子のサイズは120〜130)泣く

朝起きた時は、「今日は9時半におうち出るよ」と言うと、「10分で着替えて、10分でパン食べて、用意して、そのあとは好きなことする!」と言っていたのに、パンツがゆるい、ズボンがゆるいと裸のまま1時間半…
「なんとかしてよ!ゴム縮めてよ!」と怒りながら泣く

ズボンのゴムも、これ以上縮めたら切れるんじゃないかと思うほど縮めてるし、ウエストを締め付けたまま過ごすのも心配で…

結局ワークショップ、少し遅れますと電話を入れて、それからも説得するけど、「1人で置いて行けばいい!」とか、「行きたいのに気持ち悪くてどうしていいかわからへん〜」と泣く

最終、イライラしたらあかんと思いながらも、荷物を運び出し、旦那と2人で家を出て車に乗る

カーテンの隙間から覗く息子

置いて行くつもりは全くないので、様子を見ながら家に戻ると、ズボンを履いて玄関から出てくる息子と目が合う

怒った目

置いて行かれるんやもんね…それはそんな目になるわ

こんなことしたらあかんと思いながらも、それしか方法が浮かばない

私の顔を見たら、「やっぱり気持ち悪い〜」と部屋に戻ろうとするので、もう一回玄関のドアを閉め、外で待つ

しばらく…しばらくしてからやっと出てきた

車に乗って、まだ気持ち悪いと泣いている

「お腹すいたやろ?パン食べる?」と聞くと、やっと「食べる」とズボンのことを忘れてパンを食べだした

今日はcozy factoryさんのワークショップ

アポロでのワークショップが終わった後に、チーズケーキの販売をさせてもらう日

もう私と息子は行けないかと思った

遅れてワークショップに参加させてもらった

やっぱり何かを作るのは楽しい

息子も久しぶりに楽しそうにやっていた

チーズケーキの販売も、ありがたいことに完売で、来てくれた人と少しお喋り

息子は私のスマホでyoutubeを見たり、一階へ降りて行ったり

戻ってきた息子が、おサルのクッキーを持って、「あんな、お手伝いしたらたっちゃんがくれてん」と嬉しそうに報告してきた
「自分で働いた分やねん」

帰りも何かと機嫌を損ねて車に乗り込んだけど、家の近くのスーパーでゲームをする約束をしていたので、連れて行くと 、機嫌よく 遊んでいた

家に着くと、車から降りる間際、自分が荷物を持つと言って、私のカバンまで持ってくれる

最近買い物に行く時なんかもそうで、役に立とうとしてるのかなぁという感じ

今日は庭に出て車から運び出すクーラーボックスなども自分が受け取ると言うので、できるだけはやってもらうことに

一つだけ重たいものがあったので、私が替わると、それも運びたかったとまた泣き出した

「早く大きくなりたい…早く大人になって、重たい荷物持てるようになりたい…早くママみたいに大きくなって、重たいのも持てるようになりたいねん…荷物も持たれへんし、免許もないし、逆上がりも登り棒もできへんからバカにされる…だから早く大人になりたい…」と泣く息子を膝に乗せて、「いてくれるだけで助かるんやで」と話す

そう言えば、アポロでお手伝いさせてもらったことも嬉しそうやった…

お手伝いがしたいのかな

役に立ちたいのかな

明日から、お手伝いしてって言ったらしてくれるのかな

また明日がくる…

明日はズボンどうかな

と思いながら、長すぎる〜と怒ってたズボンの裾上げをしてみる
| - | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ikuri-techo.jugem.jp/trackback/337
トラックバック